メンバー

永禄10年8月3日(1567年9月5日)、出羽国米沢城で誕生。幼名・梵天丸。11歳で元服し、人取橋の戦い、摺上原の戦い、岩出山城への転封、文禄の役への従軍、関ヶ原の合戦を経て、慶長6年(1601)に仙台城の築城と城下町・仙台の建設を開始。仙台藩62万石の礎を築いた。料理・香道・能・和歌などを愛し、「真実の心」をもって人をもてなすことを大切にされた。
仙台藩一門第二席・亘理伊達家初代当主。伊達政宗公の1歳年下の従兄弟であり、兄弟のように育った。戦場では幾度となく政宗公の窮地を救い、伊達家随一の猛将として恐れられた。一歩も後ろに退かぬという心意気から、陣羽織の背中には香車を、兜の前立にはムカデを掲げている。
白石城初代城主。政宗公が幼き時は傅役を、長じてよりは軍師を務め、生涯に渡り政宗公を支えた名参謀。政宗公の命運を左右する合戦には必ず景綱の姿あり、と言わしめた。「潮風」という笛を愛用し、合戦の合間に吹いていたと伝わる。
伊達家譜代の家臣。伊達家存亡のかかった人取橋の合戦で老将ながら奮闘して討死した父「鬼庭左月斎」と同様、伊達家の政治の中枢を担った。泰平の世になってからは、仙台城留守居役として城下町の整備などに尽力。豊臣秀吉より「茂庭」の姓を拝領し、鬼庭から「茂庭」に改姓した。
政宗公の命を受け渡欧した「慶長遣欧使節」の日本人のリーダー。慶長18年(1613)、サンファンバウティスタ号で、石巻の牡鹿半島月の浦を出帆。日本人として初めて太平洋・大西洋を越え、メキシコ、スペイン、ローマを訪れた。通称・六右衛門。
明るく朗らかな青年。絵が得意で、政宗公にその腕を見込まれ、何かと用を任されることが多い足軽組の一人。ただ、その器用さ・身軽さから、伊達の隠密集団・黒脛巾組とのうわさも…。
伊達の隠密集団・黒脛巾組のくの一。仙台城下での“忍務”は街中の「おいしいもの」を探すことや「着物で女子会」を主催すること。それらの“忍務”のため、普段はめったに姿を現さない。会えたらラッキー♥
みちのくの名所を旅し、数々の名句と「おくのほそ道」を残した俳聖。元禄2年(1689)、青葉の季節に仙台を訪れ、政宗公の築いた奥州・桃山文化を目の当たりにした。杜の都の旬と魅力を伝えるみちびき手。